2010年07月17日

タイ料理教室

少し前ですが、タイ料理の教室に参加しました。
先生は、町家カフェ「スコシ」のオーナーさんです。

作るのは4品。
カオ マン ガイ(鶏の炊き込みご飯)・トム ファッ(冬瓜のスープ)
ナムチム タオチアオ(豆みその辛みだれ)・ヤム テン クウ(エビときゅうりのサラダ)
sucosi cooking 001kai.jpg sucosi cooking 004kai.jpg sucosi cooking 010kai.jpg
アジアンな材料を見ただけでわくわくします。
先生のお洋服もエスニックで素敵でした。

sucosi cooking 011kai.jpg sucosi cooking 012kai.jpg sucosi cooking 019kai.jpg
左:今回は冬瓜でなく大根。タイでは大根でスープをとることが多いそう。
いいダシが出るそうです。
中:プリックキーヌーという唐辛子。辛そう(>_<)
右:ヤム テン クウを和えているところ。

できあがり~♪
sucosi cooking 026kai.jpg
ひと味違うタイ料理の味に、皆さん大満足でした。
おいしかった~♪

タイ料理は、消化がよく胃もたれが少ないそうです。
インド料理もそうですが、やっぱりスパイスのおかげなのかな。

今回は、家庭でも応用が効く、
「たれ」と「ドレッシング」の作り方を中心に教えていただきました。
タオチオ(豆みそ)の代わりに金山時みそを使ったり、
タイの調味料シーイウ・カーオを薄口しょうゆで代用したり…と
身近な材料でも気軽にタイの味が楽しめるように工夫されていて、
とてもよかったです。


忘れないうちに、うちでも作ってみました。
cooking 001.JPG cooking 002.JPG
骨付き肉は手羽元です^^;
炊飯器ではなくて、そのままフライパンで炊きあげました。
鶏肉も上に乗せたまま…ちょっとパエリア風?
先生、勝手にアレンジしてごめんなさいm(__)m

cooking 006.JPGトム ファッ(大根のスープ)最高です♪
ヤム テン クウは、あれから何度も作っています。
酸っぱくてちょっと甘くて、さっぱり。
和風の和えものとは違う味で珍しく、家族にも好評。






ワンパターンな自分の料理の世界が少し広がった気がして、
こういうイベントに参加するのもたまにはいいなあと思いました。
また機会があったら参加したいな。
posted by hibari45 at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べもの | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤム テン クウがいいなぁ。
海老カニ好きとしては非常に魅かれます。
おいしそうですねぇ~~
生春巻きなども好きで、皮ばっかりたくさんあるんですが、いまいち面倒でなかなか作りません。手軽にできるっていうのもメニューのポイントですよね。
こう暑いと激辛でヤケクソの汗だくになりたくなります。
Posted by ハマ at 2010年07月29日 00:02
◆ハマさん
ヤムテンクウ、うまうまですよ♪
和えものですから、とても簡単にできて、具材でアレンジが効くので気に入りました。
先生が、家庭でも手軽にできるものを考えてくださいました。

生春巻きの皮、うちにもあります…^^;あれはちょっとめんどくさいですよね。

ほんとに今年はあっついですよね~;激辛いいじゃないですか~。でもスパイスの辛さは、あとに引かず胃にもいいみたい。漢方薬みたいなものなんでしょうね。汗をかいてもサラサラです。スパイス恐るべし!
ハマさんの絶品カレーも一度食べてみたいなあ^^
Posted by hibari at 2010年07月30日 09:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック