2009年10月31日

町家ギャラリーめぐり(2)

次は八女で一番、ディープな場所へ。

戦後の闇市の建物がそのまま残った「土橋市場」。現在は空き店舗が多いです。
sirakabe gallery 022kai.jpg sirakabe gallery 023kai.jpg sirakabe gallery 024kai.jpg
左:市場の入口。奥は八幡宮に続いています。
中:このなつかしい街灯も現役。
右:営業している店舗あります。

ここは、保存して活用する術を模索しているところだそうです。
時々、ライブなどが開かれています。


素敵な中庭がある、町家のカフェ「スコシ」へ。アジアな食事とおやつを出してくれます。
sirakabe gallery 026kai.jpg sirakabe gallery 031kai.jpg sirakabe gallery 027kai.jpg
sirakabe gallery 028kai.jpg sirakabe gallery 029kai.jpg
私はもものお茶。予想外に酸味があってとてもおいしいお茶でした。
なみなみとつがれた友人のジャスミンミルク。
初めは「え~っ?」と思ったけど、合います!おいしい!!
おやつは、バナナの揚げ春巻とえびせんべい。

週末カフェ「スコシ」は、私のお気に入りの隠れ家です^^
お隣では、見事な切り絵展も開催されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌日もお天気が良かったので、ちょろっと行ってきました。
前日にお休みだったり、時間が合わなくて見られなかったところを…(友人よ、許せ;)

丸森製菓さんの飴作りの様子を見せていただきました。
砂糖を使わない麦芽糖の飴、昔から変わらない作り方です。
sirakabe2 007kai.jpg sirakabe2 008kai.jpg sirakabe2 010kai.jpg sirakabe2 003kai.jpg sirakabe2 004kai.jpg sirakabe2 005kai.jpg


おばさまたちが、熟練の技で切っていきます。
炒りヌカの中に入った「あめがた」は、一本から売ってくれるんです^^

sirakabe2 016kai.jpg sirakabe2 012kai.jpg
sirakabe2 018kai.jpg omiyage 002kai.jpg
おみやげなど。
丸森製菓の飴、中山蒲鉾ちぎりミックス、このみ園の八女紅茶、玉のかんざしのネックレス。
右は、友人と物々交換したもの。
私は銀杏を、友人はむかごと唐辛子をくれました。カントリーやなあ(笑)

友人のブログ→「ポーたちと野に遊ぶ」にトラックバック。
posted by hibari45 at 17:10| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

町家ギャラリーめぐり(1)

友人を誘って「八女福島白壁ギャラリー」に行ってきました。
白壁ギャラリーついてはこちら→白壁ギャラリー企画室

昔はかなりのにぎわいを見せた町でしたが、近年すっかり寂れて、
空き店舗や朽ちていく家々が増え、古さが目立つだけの町になっていた八女。
しかし数年前から古民家の再生事業が始まり、
徐々にお洒落なお店も増え始め、活気を取り戻してきました。
昨年まで市が主催していたこのイベントを、今回はそれぞれのお店や町家の方たちが中心になって開催することになりました。
5日間、町がギャラリーになります。

この町のいいところは変に観光地化してなくて、あまりきれいじゃないところ(失礼)
豆屋さん、小鳥屋さん、みそ屋さん、飴屋さん…
昔ながらのお店も時が止まったように当時のまま、営業しています。
sirakabe gallery 004kai.jpg sirakabe gallery 005kai.jpg sirakabe gallery 008kai.jpg
左:堺屋〈旧木下家)昔酒造業を営んでいた、旧家。
中:みそ・こうじ屋。米や豆を持ち込んで味噌を作ってもらいます。
(ガラスに反射してしまった;)
右:小鳥屋。以前旧ブログでも紹介した小鳥屋さん、おじいちゃん元気ですよ。

そういえば、「ちきりや」さんまだあったかな?

sirakabe gallery 006kai.jpg sirakabe gallery 007kai.jpg sirakabe gallery 011kai.jpg
左:知る人ぞ知る、「岡伍平商店」日用品店です。ばりばり現役営業中。
中:岡伍平商店の屋根にある、マッチの看板。
右:花火と玩具卸のお店、駄菓子もあります。

sirakabe gallery 012kai.jpg sirakabe gallery 013kai.jpg sirakabe gallery 015kai.jpg
左:老舗のお菓子屋「菊屋」さんでの、練りきりの実演。はさみ切り、という技法だそうです。
中:できあがったもの。なんて美しい揺れるハート
「一つ失敗するとおわりだよね~」と話していました。
右:お稲荷さんの鳥居の右手の路地を奥に進むと…

素敵な古民家カフェがあります。
sirakabe gallery 018kai.jpg sirakabe gallery 016kai.jpg sirakabe gallery 020kai.jpg
左:昔は「検番」という芸者さんの事務所のようなところだったそう。
中:手作り感あふれる素敵な雰囲気。椅子もまちまちで好みのものに座れます。
右:トイレが可愛くて…

若手の人もどんどん移住して頑張っておられます。
ここで、野菜たっぷりの菜食ランチをいただきました(写真なし)

(つづく)
posted by hibari45 at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

連休の久住キャンプ

また久住関連ですが…
SW連休に、夏に行けなかったキャンプに行きました。

ちょっと出遅れたけど、高速はそれほど渋滞することもなく通常の時間で到着。
「あいのせ茶屋」で一休みして、名水をタンクに詰めました。
ainose 001kai.jpg

軽く登山する予定だったので、牧の戸(まきのと)登山口で車を停めて
向かいの黒岩山(1503m)へ登ることに。
しかし、久住登山の客で牧の戸は大混雑!
何とか一台分のスペースを見つけて駐車し、いざ黒岩山へ。

まあ、1503mと言っても、登山口の牧の戸がすでに高いところにあるので、
高低差はそれほどでもなく、マップには30分で登れるとありますが…

canp 016kai.jpg canp 015kai.jpg canp 017kai.jpg
もともと猟犬のダックスは、山に入ると生き生きします。
だんだん足場がゴロゴロしてきて、ついに私はギブアップ。
(荷物は全部夫に持たせたくせに…^^;)
「待ってるから、登っておいで~手(パー)」と途中の木陰で休憩。
心臓バクバクで呼吸困難になりそうでした。

…なのに10分くらいすると、すぐにゴジラが戻ってきて、
「すぐそこが頂上やけん、上がっておいでってパパが言いよるよ」

うえ~~んもうやだ〜(悲しい顔) 私は山登りが苦手なんだよう;;

canp 027kai.jpg canp 022kai.jpg canp 025.JPG
左:山頂付近から硫黄山をのぞむ。
中:カールもがんばりました。おつかれさん。
右:リンドウとアキノキリンソウ。マツムシソウもたくさん咲いていました。

山頂でお昼を食べ下山した後は、高速よりも大渋滞の久住を一時間かけて抜け、
まずはキャンプ場にIN。テント設営をしてから近場の温泉いい気分(温泉)~買い出し。
いつも行く地元商店街のお肉屋さんで砂ズリをたくさん買い込みました黒ハート
canp 038kai.jpgcanp 035kai.jpgcanp 030kai.jpg
左:いつものキャンプ場が満杯で、今回は別の場所。
中:わんこもたくさんいました。
右:カレーと豚汁とバーベキューの夕食。夜はさすがに寒かった;

キャンプはめんどくさいし体調もすぐれない。それに連休は混むから嫌だ、という私に、
どうしても行きたいと言う男ふたり。
なので今回は「男ども二人ですべてやるなら」という条件付きのキャンプでした(笑)
約束通り、テント張りから食事の用意~後片付け、そして撤収まで、
すべてゴジラと夫でやりましたよかわいい
ラベル:くじゅう
posted by hibari45 at 15:51| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

角島

少し前のことですが、夏休みの終わりに山口県の「角島(つのしま)」に
行ってきました→ Wiki「角島」
2000年に角島大橋ができてから、一気に観光客が増えたそうです。
ちょっと心配…。

とてもきれいな海だったのに、デジカメを忘れて携帯の写真です(泣)
tsunoshima 008.JPG  tsunoshima 009.JPG
左:めかりPAからの眺め。関門海峡を渡って本州へ!
右:くーちゃん、潮の香りがするかな?


tsunoshima 013.JPG  tsunoshima 011.JPG tsunoshima 025.JPG
ゆるい曲線が美しい、角島大橋を渡ります。
日本海とは思えないくらい素晴らしい海の色に、ワクワク…黒ハート



tsunoshima 019.JPG tsunoshima 018.JPG  tsunoshima 022.JPG
島の西端の方にある角島灯台。
石造りの美しい灯台です。今も現役だそう。
(カールはパパにダッコされてます)




さて、腹ごしらえをば…わーい(嬉しい顔)
今回は新鮮な海の幸を食べるのも目的の一つなのです。
tsunoshima 015.JPG  tsunoshima 016.JPG  tsunoshima 017.JPG
左:塩焼きイカ定食。小さいサザエも二個ついてます。
中:焼きイカは一枚150円なり。このほか焼きサザエも追加~。絶品ですよ黒ハート
右:自動回転干物製造機(?)



その後、どこか潜れる(シュノーケリングですが)ところはないかと探して
「穴場の海水浴場!」という看板があったところへ。
tsunoshima 027.JPGtsunoshima 028.JPGtsunoshima 030.JPG
こじんまりとして静かな入江の海水浴場でシュノーケリング。
オートキャンプもできて、浜のすぐ手前まで車をつけられるのがいいです。
にぎわっていた角島の海水浴場と比べてひっそり…。ほんと「穴場」(笑)
小さい魚や、ナマコもいました。
クラゲも少しいたけど、長袖長ズボンなので問題なし。

tsunoshima 024kai.jpg
キャンプしたいな~、とゴジラ。また今度ね~。

角島についてもう少し詳しく知りたい方は→「しおかぜの里角島」をどうぞ。
posted by hibari45 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

ちょこっと久住へ

ご無沙汰でした。
8日から娘も帰省し、お盆やら何やらで忙しい毎日でした。

あまりにも暑いので、先日は久住に涼みに行ってきました。



09 summer 013 k.jpgここまで来ると空気が変わり、エアコンがいらなくなります。










今日は日帰りなので、長者原レストハウスの裏手にある「自然研究路」を散策することに。
09 summer 015 k.jpg 09 summer 018k.jpg 09 summer 016k.jpg
左:湿原の中の木道
中:湿原は貴重な植物の宝庫。木道以外におりてはいけません。
右:デルフィニウムに似た花。何かな?

09 summer 014k.jpg 09 summer 022k.jpg
わんこ達も頑張って歩きます。
日焼けがコワイ娘は日傘を差して。でも、陽が当たってるよ(笑)
娘:「ここに来るならペタンコ靴を履いてきたのに!」


タデ原まで歩きました。この先は雨ヶ池~坊がつるへの登山コース。
ゴジラは「登りた~い!!」と叫んでいました。
(今年はオッサン二人が、登山してきました)




09 summer 027k.jpg 09 summer 028k.jpg
長者原自然研究路の入口には、久住山のガイド犬「平治号」の像とお墓があります。
何人もの登山者の命を救った「平治」の話は本になっています。
子供向けのノンフィクションですが、とても感動しました。
今もここで、登山者を見守っているのでしょう。
アマゾンのページ→ありがとう!山のガイド犬「平治」

その後は、久住高原の方へ下りて、「だんご汁定食」を食べ、いつものオートビレッジの大草原へ。
雄大な景色と涼しい空気でリフレッシュでき、満足でした。続きを読む
ラベル:くじゅう
posted by hibari45 at 23:22| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | 更新情報をチェックする